情報システムのパブリック・クラウドへの移行方式について

 これまでオンプレミスで運用してきた情報システムをパブリック・クラウドに移行する際に、移行方式のガイドとなるようディスカッションペーパーとして取りまとめました。基本方針として、リパーチェス、リビルド、リホストを選択する際の優先順位とその考え方を示し、留意事項として、事前に検討すべきこと、CoE、PoCの必要性、リパーチェス、リビルド、リホストを検討する際の留意点を記述しています。

 みなさんから、広範なご意見を頂けますと幸いです。

 ➢情報システムのパブリック・クラウドへの移行方式について PDF DOCX

(掲載期間:2021年3月)


政府CIO補佐官 西村 毅 、満塩 尚史、細川 努、楠 正憲

会計検査院CIO補佐官 高橋 邦明

 

ディスカッションペーパーについて

  • ディスカッションペーパーは、政府CIO補佐官等の有識者による検討内容を取りまとめたもので、論点整理、意見・市場動向の情報収集を通じて、オープンで活発な議論を喚起し、結果として議論の練度の向上を目的としています。
  • ディスカッションペーパーの内容や意見は、掲載時における検討内容であり、かつ執筆者個人に属しており、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室、政府としての公式見解を示すものではありません。
  • 掲載期間の経過したディスカッションペーパーは、当サイトより削除します。

ディスカッションペーパーへのご意見については、リンク先のコメントフォームよりお寄せください。なお、ファイル等でのご意見を希望される場合は、ストレージサービス等にアップロードの上、リンクを当方まで通知願います。