本サイトは、過去のIT総合戦略室の情報発信サイトです。2021年9月以降、原則として更新を停止します。(一部ページ除く)
現在のデジタル政策に関するデジタル庁の公式サイトはこちらをご覧ください。

ベース・レジストリとしての住所・所在地マスターデータ整備について

 様々な場面で参照される住所・所在地の情報をベース・レジストリとして整備・更新するにあたり、検討事項を取りまとめました。


 ベース・レジストリとは、公的機関等が保有し、様々な場面で参照される社会の基盤となるデータベースです。住所・所在地データはあらゆる社会活動において広く利用されますが、現状は標準的な住所・所在地の情報を行政が一元的に管理できておらず、官民含む多様な主体が利用可能な状態になっていません。

 海外の事例では、個人情報を含まず、経済波及範囲が大きいことから、ベース・レジストリの整備において先行して取り組まれるのが住所・所在地データです。

 本書では、住所・所在地の情報をベース・レジストリとして整備・更新するために考慮・検討すべき事項を整理しました。また、海外の先進事例(1.2)およびベース・レジストリ化による経済効果(8章)についても記載しています。

 みなさんから、広範なご意見を頂けますと幸いです。

 ➢ベース・レジストリとしての住所・所在地マスターデータ整備について PDF DOCX

(掲載期間:2023年5月)


政府CIO補佐官 中村 弘太郎、下山 紗代子、関 治之、平本 健二

 

ディスカッションペーパーについて

  • ディスカッションペーパーは、政府CIO補佐官等の有識者による検討内容を取りまとめたもので、論点整理、意見・市場動向の情報収集を通じて、オープンで活発な議論を喚起し、結果として議論の練度の向上を目的としています。
  • ディスカッションペーパーの内容や意見は、掲載時における検討内容であり、かつ執筆者個人に属しており、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室、政府としての公式見解を示すものではありません。
  • 掲載期間の経過したディスカッションペーパーは、当サイトより削除します。

ディスカッションペーパーへのご意見については、リンク先のコメントフォームよりお寄せください。なお、ファイル等でのご意見を希望される場合は、ストレージサービス等にアップロードの上、リンクを当方まで通知願います。