政府CIOによる、CIO相互の知見の交流をするためのサイトです。
情報フラグ
電子行政

政府CIO補佐官について

政府CIO補佐官とは、政府CIOを中心とした政府のITガバナンスにおいて重要な役割を担っており、ITに関するその専門的な知見に基づき政府CIO及び各府省CIOの取組みを支援することにより、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室又は各府省における電子行政の高度化・効率化・合理化等に大きく貢献しています。

平成28年度政府CIO補佐官(38名)の名簿はこちら↓
https://cio.go.jp/organization/#sect-2


具体的には、

 ・電子行政戦略の検討
 ・政府情報システムの整備、管理などに関する政府共通ルールの推進・改善
 ・府省共通システムの改善、更改に関する検討
 ・各府省における情報システムに関する予算要求・調達・運用の各段階における高度化・効率化・合理化
 ・各府省における重要プロジェクト・システムのレビュー

などの場面で政府組織の一員として助言・支援等を行っており、現在の政府のITガバナンスに欠かせない存在として活躍しております。

また、平成25年度から「CIO補佐官プール制」を導入し、内閣官房において政府CIO補佐官を一元的に採用・管理することにより、「臨機応変かつ機動的な支援」「政府全体としてのナレッジの共有・蓄積」を行うことにより、政府全体としてのITガバナンスの強化及び府省横断的な取組みの強化に取り組んでいます。

「CIO補佐官プール制の導入について(平成25年1月9日各府省情報統括責任者(CIO)連絡会議決定)」

Back to Top