政府CIOによる、CIO相互の知見の交流をするためのサイトです。
情報フラグ
電子行政

こども霞が関見学デー検索サイトの舞台裏

掲載日

 「こども霞が関見学デー」ってご存知ですか?政府機関が行っている仕事をこども達に公開する毎年夏に開催されるイベントです。今年は8月2日、3日に開催されます。

 公開する内容は、各府省が担当している仕事の内容や政策の内容、また、大臣室を見学したり、施設の見学をしたり盛りだくさんの内容になっています。その他にも、いろいろなものに触ってみたり、モノを作ってみたりする体験型イベントも盛りだくさんです。

 

 今年は、イベントを探しやすくするように本格的に検索サイトを作ってみました。

  http://kids.openlabs.go.jp/

 このサイトでは、府省別検索、対象年齢検索、体験内容検索などの機能により、目的に応じた検索ができますので、是非ご活用してくだい。

 

 このイベント全体は文部科学省が取りまとめをしていますが、イベント情報のデータ設計や検索サイトの構築は内閣官房IT総合戦略室が支援しています。また、実際のサイトは、インフォ・ラウンジ合同会社、ソフトバンク・テクノロジー株式会社に提供いただいています。

 

 それでは、このサイト構築の舞台裏をご紹介しましょう。

 もともと「こども霞が関見学デー」は毎年開催されており、最近はIT総合戦略室も出展して、プログラミングや画像認識、ロボット等のITの世界を紹介していました。しかし、ITの真髄が発揮されるのはネットワークサービスです。

 

 そこで、IT総合戦略室ならではの出展として全体の検索サービスができないか考えました。

 IT総合戦略室の取り組みとして最近では、行政サービスにおけるサービスデザインを推進しています。そこで、参加者の視点で情報を見てみることにしました。そうすると、次のような要望が浮かび上がります。

 ・日付や時間で検索したい

 ・対象年齢に合わせたイベントを探したい

 ・イベントの体験内容(作る、触る、乗る等)

 また、場所がわからない等の問題もあります。

 そこで、2016年のイベント時に、文部科学省が公開しているデータを活用して、これら要望のタグをつけて一覧表にしてみたところ好評で、いくつか検索サイトが作られました。

 

 そこで、本格的に2017年のイベントでサイトができないか検討を始めました。

 第一ステップ イベント情報を収集するデータ構造の設計

 ・イベント構造の骨格には共通語彙基盤を活用

  schema.orgにも対応が容易になるなど汎用的なデータ構造となっています。

 ・各府省の負担にならないように、従来のデータを構造化することを主眼

  増やしたデータ項目は、「体験内容」「料金」です。「体験内容」は新たな項目のため選択する必要がありました

 が、「料金」はほとんどのイベントが無料であるため負担はほぼありませんでした。

  また、データ項目の「イベント内容」を、「タイトル」「サブタイトル」「概要」等に分離しました。

 ・データ構造の記述手引きを2016年のデータで検証しながら作成

 

 第二ステップ イベント検索サイトの作成

 ・イベント情報公開等に実績のある企業にサイト構築の依頼

 ・サイト構築では、最新のデータベースの構造であり拡張性や柔軟性の高いRDFを活用

 ・データのクレンジング(指定外の記載事項の修正、一部データの分離、緯度経度情報の付加等)

 

 以上のような流れで作りましたが、このサイトのポイントを整理すると次のようになります。

 ・参加者視点でのサービスデザインの活用

 ・検索機能の順次リリースによるアジャイル開発

 ・共通語彙基盤の適用

 ・RDFによるデータベース

 

 また、このイベントデータは共通語彙基盤ベースのオープンデータになっているため、以下のサイトも提供されています。皆さん工夫していますので、好みのビューや機能でご活用ください。

マイ広報紙「こども霞が関見学デー」特設ページ(外部サイト)

   行政機関の広報紙の記事を一元的に入手できるマイ広報紙のサイトに、本イベントの情報が掲載されています。

   他の市町村イベントもサイト内で探すことが可能です。

「こども霞が関見学デー検索」JIG.JP(外部サイト)

   イベントを体験内容や対象者等のタグで検索することができます。本イベントに関連して各地で夏休み中に行わ

   れるイベント情報も追加していく予定です。

 このように多くのサイトが提供されるのは、構造化されたデータがオープン化しているおかげです。

 

 これまで、イベントのデータ構造は決まったものがなく、それが情報の流通を阻害してきました。この「こども霞が関見学デー」を契機に、共通語彙基盤を活用したイベントデータ構造の共通化を進めて行く予定です。

 皆さんも、是非ご活用ください。

 

関連情報

文部科学省こども霞が関見学デー(外部サイト)
こども霞が関見学デー検索サイト(外部サイト)
共通語彙基盤の詳細(外部サイト)
共通語彙基盤のイベント情報公開ドラフト(外部サイト)

 

提供

インフォ・ラウンジ合同会社(外部サイト)
ソフトバンク・テクノロジー株式会社(外部サイト)

 

Tips: Excelのフィルター機能が活用できる方は、以下のデータを使うことで、多様な検索やマイリストの作成が可能です。

検索サイトに掲載されている全データ(平成29年7月26日現在)

 

コメントを追加