政府CIOによる、CIO相互の知見の交流をするためのサイトです。
情報フラグ
トピックス

遠藤政府CIOがICA年次総会でスピーチを行いました。

掲載日

 平成29年9月12日、遠藤政府CIOは、京王プラザホテル(東京都新宿区)で開催された第51回ICA(行政における情報通信技術の利用に関する国際会議)の年次総会に出席し、政府CIO等の各国政府代表、OECD(経済協力開発機構)や世界銀行等の国際機関代表に対し、スピーチを行いました。


 ICAとは、”International Council for Information Technology in Government Administration”の略であり、1968年に創設された各国政府におけるIT(情報通信技術)活用に関する知識や経験の共有と相互交流を行う国際団体です。


 初の日本開催となる今回の年次総会では、「混乱の中を導く大胆なデジタル・ガバメント」をテーマに、各国における最新の取組に関する議論が行われました。遠藤政府CIOのスピーチの概要は以下の通りです。


「日本を取り巻く環境が日々変化している中、電子行政の役割は、プライマリーバランス黒字化の実現に資する効率的、かつユーザー目線で利便性の高い行政サービスを提供するということである。中央省庁間、地方間、それぞれが同じことを別々にやるなど、非効率な進め方をしていたが、現状把握の徹底等を行うことで、政府主導で主に以下のような成果を実現した。


・情報システム改革によるコスト削減

・全府省共通の人事・給与システムへの移行

・旅費支払事務の効率化

・農地情報公開システムの全国一元化

・地方自治体における自治体クラウドの導入推進

・副CIO研修における実例による学びの提供


今後は今までの取組で得られたノウハウを横展開しながら、マイナンバー及びデジタル技術の徹底活用と官民協働を軸として、行政機関の縦割りを超えて行政サービスを見直すことにより、デジタル社会に対応した電子行政を目指していく。」


 各国政府代表等との記念撮影(遠藤政府CIOは最前列左から4番目)