本サイトは、過去のIT総合戦略室の情報発信サイトです。2021年9月以降、原則として更新を停止します。(一部ページ除く)
現在のデジタル政策に関するデジタル庁の公式サイトはこちらをご覧ください。

標準ガイドライン群(β版)への意見

掲載日

ここでは以下の10件のβ版についての意見を募集しています。(https://cio.go.jp/guides#renkeimodel


  • ・行政サービス・データ連携モデル 全体編(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル 申請・届出データモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル 証明・通知データモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル 事例データモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル 行政サービス・制度データモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル イベントデータモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル 報告書・会議資料等データモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル 行政サービス拠点・支援機関等データモデル(β版)
  • ・行政サービス・データ連携モデル サービスカタログモデル(β版)
  • ・データ品質管理ガイドブック(β版)

「β版」とは、ほぼ完成している成果物を公開し最終評価と微修正を行うバージョンのことです。β版を公開し正式版にする手法は、ソフトウェアの開発などで従来から使われてきましたが、最近ではデジタル・サービスの世界でもよく使われる手法です。利用者の声を開発に反映するために、アジャイル手法という繰り返し開発手法を導入するとともに、β版を用いて最終的に利用者に確認してもらうことで、成果物やサービスの完成度を高めます。多くの先進国で新規行政サービスやサービス改善のために、この手法が活用されています。


注意: 投稿後にコメントの確認を行いますので、コメント一覧に反映されるまで数日から数週間かかる場合があります

コメント

オープンコレクターの嶋内と申します。
行政サービス・データ連携モデルを拝読させていただいている中で、気づいた点がありましたので報告いたします。

対象ドキュメント: 行政サービス・データ連携モデル 全体編(β版)
セクション: 2.2 日付時刻

[1] 2) 時刻において、秒以下を省略するということを明確にした方がわかりやすいと思います。
[2] 3) 日時において、「ISO の標準に従い」とありますが、ISO 8601 と明記した方がいいかと思います。https://ja.wikipedia.org/wiki/ISO_8601
[3] タイムゾーンについての定義が記載されておりません。タイムゾーンの記載がない場合は日本標準時を用いること、及び、タイムゾーンを指定する場合はISO 8601 に準拠した表記を用いるという旨が定義されていた方がありがたいです。タイムゾーンが記載されていないと、外国での様々な日時データを変換する際にシステムごとの定義が必要となります。

以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

コメントを追加